事業内容

BUSINESS 事業内容

サーモン養殖事業

サーモン養殖事業

世界的な人口増加や生活水準の向上を背景に、欧州、米国、アジアなどの世界市場において水産物の需要は増加しており、生食用サーモンの需要も年々伸びています。一方で、これに対する供給は追い付いていません。特にアジアのサーモンの需要に応えるだけの養殖量を生産できる地域は、同じアジアにおいては皆無でした。

私たちのサーモン養殖事業は、グループ会社であるオカムラ食品工業㈱が、2005年にデンマークにおいて生食用サーモンの生産から始まりました。サーモン類は海水温が高いアジアでは夏季の海面養殖が難しく、これまで養殖サーモンの大半が北欧や南米等の寒冷地から輸入されてきましたが、デンマークでの養殖事業経験から青森県の環境が北欧のそれと非常に似ていることから、サーモンの育成が可能であると考えました。世界遺産白神山地から流れ出る清らかな淡水、津軽海峡の速い潮の流れを有する青森県の日本海には、むしろ日本ならではの高品質なサーモンの育成、アジアの国々に近い地域から鮮度の高いサーモンを輸出できる可能性が広がっていました。

2014年に開始した深浦町、弘前大学食料科学研究所、オカムラ食品工業㈱の産学官連携によるサーモン養殖実証事業を経て、2017年には深浦町と今別町で初のサーモン水揚げを実現。さらなる品質の向上と世界へ安定供給を目指し、日本サーモンファーム㈱を設立しました。

私たちは、今後も伸長する世界の水産物需要を支えるための持続可能な水産物生産技術を確立し、世界中で日本の美味しい魚が食べられるよう、事業に取り組んでいきます。青森の海で育てた安全で高品質なサーモンを、アジア、そして世界の食卓へ。私たちの挑戦は始まったばかりです。

深浦中間養殖場

深浦中間養殖場

青森県深浦町にある深浦中間養殖場は、ふ化したサーモンの稚魚を育成する大規模中間育成場で、世界遺産白神山地から流れ出る大峰川流域に位置します。

1993年に世界自然遺産に登録された白神山地は、秋田県北西部と青森県南西部にまたがる約13万haに及ぶ広大な山地帯の総称です。ここには多種多様な動植物によって貴重な生態系を育む世界最大級の原生的なブナ林が分布しています。天然のダムと言われるほど保水力に優れたこのブナの森こそが、私たちの中間養殖場に必要な水の源です。白神山地に降った雨は、地表を覆う厚いブナの葉土に貯えられ、長い年月をかけて地下に浸透します。そして、森林土壌のフィルターにより不純物を取り除かれ、清らかな水となり再び地表に出てくるのです。

白神山地の水は大峰川から中間養殖場の受水槽に流れ、稚魚を育む水槽群に送られます。豊かな水で中間魚になるまで元気に育てられた稚魚は、日本海の養殖場に移されます。

  • 深浦中間養殖場
  • 深浦中間養殖場

青森サーモンについて

青森サーモンについて

青森サーモンについて

卵から稚魚へと元気に育った青森サーモンは、青森県の海域の特徴を活かし、3つの町の海面養殖場で成長します。
深浦町(ふかうらまち)は青森県西津軽郡に位置する日本海に面した町で、かつて北前船の風待ち湊として栄え、大阪や京都などからの文化導入の表玄関として発展しました。現在も世界自然遺産白神山地と日本海に囲まれ、西に広がる夕陽が美しい海岸線や、青池に代表される十二湖など、豊かな自然が魅力的な町です。
今別町(いまべつまち)は青森県東津軽郡の北部に位置し、有名な津軽海峡に面した町です。津軽海峡の潮流の影響を受け、夏季は、オホーツク海の冷気を含んだ偏東風(やませ)が吹くため涼しく、美しい海岸線は津軽国定公園に指定されています。また、平成28年には、北海道新幹線の停車駅「奥津軽いまべつ駅」が開業しました。
外ヶ浜町三厩地区(そとがはままち みんまやちく)は今別町に隣接する津軽半島最北端の町です。津軽国定公園龍飛崎をはじめ、風光明媚な景観の観光資源や固有の伝統文化行事等を受け継ぎ、海と山と川の恵みとともに生きる町です。

青森サーモンが育つ日本海海域は、世界遺産「白神山地」から流れ出すミネラル豊富な水と、日本海を北上する対馬海流が混じり合い、さらに津軽海峡の激しい流れの中で、年間を通して様々な魚介類が水揚げされる「豊穣の海」です。冷たく厳しい北の海で育った青森サーモンは身がしまり、脂ののりもよく、味の良さは格別です。

ASC基準への取り組みについて
GMO品種一覧